急な告知につき、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、10月25日は誠に勝手ながらお休みさせていただきます。ご不便をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。
休業が度重なり、大変申し訳ございません。

10月10〜12日は京都 梅小路公園にて開催されます「太陽と星空のサーカス」に出店させていただきます。
ライブやワークショップ、シアター、素敵なお店やフードもたくさんの楽しいイベントです。
入場無料ですので、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。
心よりお待ちいたしております。
尚、出店時の三日間は実店舗、オンラインショップともに勝手ながらお休みとさせていただきます。ご不便をおかけして大変申し訳ございませんがどうぞよろしくお願い致します。


ライブタイムスケジュール等の詳しい情報はホームページにてご確認くださいませ。
よろしくお願い致します!

http://sunandstars.jp/2015_kyoto/

先日のVW AUTUMNにお越しくださったお客様、スタッフ様、大変ありがとうございました。今年も超快晴!なんとか無事終えさせていただくことができました。


私にとって最初の車の記憶って…と思い返せば、父が乗っていた白いビートルだと思います。赤と黒のチェックのシートが可愛くて白いボディとのコントラストが素敵だった。まだおむつがくっついてるようなおチビのくせにその可愛さの記憶だけははっきりと残っています。
その後は父は国内外問わずなかなかクセのある車を乗っていましたね。
私達家族にとって、最大の存在となっていくシトロエン2CVに出会うまで。

と、ここまで書くと外車に乗り回していた金持ちのお父ちゃん?みたいな像ができてしまうかもしれないのですが、、
それとはまったく真逆でこれがなかなかにしてそこそことんでもない野郎だった。
ざっくり言うとうちには子供は二人しかいないのに母の扶養家族は紙の上でも三人いたんです。
24時間体制で家にいたし、ヒト様の畑に勝手に入っては真昼間から自家製のラジコン飛行機飛ばして遊んでいるような人だった…稼ぎといえば月に数回、私にポテトチップスやたこ焼きを買ってくれるほどだけ。
そんな父が若い頃に乗っていた(んだったかな)2CVにどうしてももう一度と、買ってくれたら真面目に絵を描くからと母をのせて手にいれた通称シトちゃんこと我が家の2CVチャールストン。

彼がうちにやってきた日のこと、私はずっと忘れない。生涯忘れることはきっとない。朝、父がちょっと自慢気に庭見てみ?とにやりと言ったこと。ドア開けたら、、ででーーーん!なんじゃごらあああ〜〜〜な、あの姿があったこと。当時小三くらいだったと思うのだけど、子供にとっては本当に衝撃だったのです。しょぼくれた自分家の庭にあんなもんがある朝突然あったこと。
この衝撃のうわああぁ〜〜が今も私の古い車への思いのはじまりだと思う。

それにしても父の車に対する愛情は完全に異常で、お父さんは家族よりシトちゃんが大事なんだっ!って何度子供の頃言ったかしれません。触ったら指紋がつくと言って触らせてくれなかったし、ベルトがついたようなお洋服を着て横を通っただけでキズがついたらどうするんやと怒られた。助手席に乗った記憶はほとんどないな、後部ばかり。
それでも普段まったく思い返すことのない父との記憶を辿ろうとすれば出てくるのはすべてシトちゃんとのシーン。他はほぼ全部といっていいほど記憶が欠落しています。あれほど家におったのにな。まあ、それほど父とシトロエンは濃厚に結びついていたし、私があの人と過ごした時間もほとんどシトちゃんと共にあったのだろう。
信号のところでよく止まって、後ろから押させられたこと。それを同級生に見られてからかわれて、ひぃ〜恥ずかしい〜ってなったようなことばかり思い出します。うちのシトちゃんときたら、本当に誰に似たのか愛しのポンコツだったから。
正直、父とシトロエンの記憶といえばどれもトンマでどうしようもないし書き出したらキリがない…

それでも私達みんな、この車、本当に好きだった。
乗り手がいなくなってしまったこのポンコツおじい、みんなそれぞれどうしたらいいかすごく悩んでいました。おそらく母が一番悩んだと思う。

で、ある日突然、お姉ちゃんから「家族会議で決定しました。手放すことにしました」って報告されるんだよな。まあ、それにはビビりましたね。だって聞いてなかったもん。おいおい、家族会議ってわいは家族ちゃうんかい?ってなりましたね。シトちゃんは父の分身だったし、父ちゃんの魂家の中にはいないなあと思って、シトちゃんのとこ行ったら、ああなんやここにいたんかいさと思うことが何度もあったから、私は売ることに最後まで反対し続けたから。
で、当然のごとくお姉ちゃんに聞いてないって詰め寄ったら、、、

普段うちの姉はですねえ、非常に大人しいんです。もの言わずなタイプ。
そ、れ、が、普段大人しい分だけキレたらおっそろっしいんですよ。
この時は私が文句を全部言い終わらないうちにすごい瞬発力で飛びかかってきて首根っこをつかまれ押し倒されて馬乗り…首を片手で締め上げながらタコ殴りにされた…この人は寅年だから普段藪の中潜んでて、いざというとき猛然と飛び出てきて喉仏一撃でヤるみたいなかんじだね。
「アンタは何にもわかっていない!!!」
この台詞、歳の離れたきょうだいにはまあまあキキマス。やっぱりお姉ちゃんだし、静かに黙って子供の頃から物事を見ている人だから母の思いも父の車に対する本当の思いもわかっていたんでしょう。最近になってとある事件があり、ようやくこのときの車に対する姉の思いや優しさというのを理解できたような気がします。車にとってまだ動くうちに誰かに乗り継いでいってもらったほうがよいということ。走ってなんぼ。動かない彼等の切なさ侘しさ。お姉ちゃんのほうが父ちゃんの車への思いや考えをやっぱりわかってたんだよなあ。

ボコボコにされた私はただ悔し泣きするだけで選択の余地はなかった。
シトちゃんとお別れの日、一人こっそり父さんいるかなと思って乗り込んだのです。でももうそこにはいなかった。ふらふらしてこの世にあまり執着のない人であったので、ああまた適当にどっか行ったんだなと思った。ダッシュボードの中に、あのポテトチップスやたこ焼きを買ってくれた小銭入れ見つけて、わーわー泣いただけ。次生の件で泣いたのおそらくそれが最後だな。


なんでこんな超超私事を書いたかわかりません。単なる極私的家族のエピソード、、お店のブログに書くようなことではないのはわかっていて、、申し訳ありません。
古い車と私。ただこれはきってもきれないものなようです。
日付が変わってしまったけれど、今日は父、次生のそういう日でありました。普段封印しているので思い返すことは滅多にないのだけれど。
9.25。あの日まるで天上に咲く花のような眼前に延々と広がる真っ赤な彼岸花の光景をずっと忘れないと思う。
伯父の提案により動かすことになったシトちゃん。
大好きな伯母が「ほら、チャールストンよ」と言って、その瞬間まるで良質なスラップスティックのようにセピア色の世界が一瞬さくら色になって。みんなで2CVに乗って煙の吐く長い煙突まで次生を連れていったのだよね。ポンポンポンと甲高いエンジンの音。とても好きだ。シトちゃんにはそういう魔力があった。トンマな子だったから。

だんだん何書いてるのか怪しくなってきたぞ。とにかくシトロエン2CVチャールストン、これが世界で一番私が好きな車です。いっぺん滝にでも打たれてきたらどや?と言われてしまいそうですけど、白馬に乗った王子ならぬ2CVに乗った誰かがいつか来てくれやしないか?と時々ふと思ったりもするほどです。

最近、食卓で母の前に座るたび、顔がそっくりになってきたなあと毎回突っ込まれる…友人からも顔だけじゃなくて中身も似てきたよね…と言われる…別に悪い気はしない。しかし複雑です。
もともと次生に似ていました。引越してからの実家にはいなかったし、お葬式で初めて私の姿を見た近所の人が、妹さん、お父さん(仏)にそっくりすぎる〜死んだ人が蘇ってきたんかと思ったー!!ぎゃーー!!って言われたほどです。
もっと複雑です。
しかし何故か暗い気持ちにはならない、次生がフェイドアウトしたこと。何故か喜劇臭がする。それはやっぱりトンマのなせるわざかもしれません。2CVしかり。名言(迷言):今もしお母さんが先に死んだらお父さんはあんたらを育てる義務はない。勝手に生きていくように。と高校生の時シトロエンの中で告げられた。姉に報告したら、高校生にもなって親に頼ろうとするなと叱られた。正しい。
私と姉貴と親父とシトロエン。
母より一秒でも先に死にたがっていた父。この人は自分の人生のゲームに買ったんだと思っている。今頃にやりとしているんだと。


…ますます話がそれてきました。
まあ、最近にして思うのは
死んだらどんな人でも大体美化される!

なので、全国のしっちゃかめっちゃか奮闘しているお父さんたち、やりたいようにやりまくってがんばっていきまっしょい。
でも、それには自分のことをものすごく大切に思ってくれる、わけわからんでも好きでいてくれる人の存在というのが大事なのかもしれませんね。
うちでいうところの母ね。世の男性より狂ったように働き、私の友人をして「山の不動」と言わしめた人だけれど、娘の私からしてみれば、うちの母、チャーミング大将ですから。
そういうことです。(何が?)
世のお父さん、がんばりましょう。

2CVの王子が来るかは知らんけども
私と姉貴と親父とシトロエン、そして母と。まだまだ終わりそうにない。


長々すみませんでした。もし、最後まで読んでくださった方がいらっしゃったらなんだか本当にごめんなさい。
自分へのメモのようなものかもしれません。そういうエピソード。


なんだか急に秋らしくなってきた今日この頃。梅雨再来?って思うほど雨も続いたりしておりますが、
この日はなんとか晴れてほしいなあ。
雨天決行ながらも毎年奇跡的に好天に恵まれてるそうなんですが、、

そう!今年もやってまいりました
VW AUTUMN 2015 Volkswagen meeting

出店させていただきます!

9月20日(日)

場所:京都市右京区 高尾パークウェイ内菖蒲谷大駐車場

時間:9:00スタート

参加無料(通行料?1180が必要です)



素敵なワーゲンたちがずらり勢ぞろい!!カーショーは見応えたっぷりです。昨年のかわいこちゃんたちを一部ご紹介させていただきます。




今年もトランク各種、ドイツの古道具、
ミニカーなどなどご用意させていただこうと思っております。


そして、今年はオリジナルの描きおろしグッズも数点お持ちいたします!

「Classic car or Die」!!!!!


こちらはメンズTシャツ サイズはS,M,L


女の子向きのドルマンTシャツとキッズ用もありますよー。


同柄のトートバッグ。お色はナチュラル、ブラック、ネイビー、少し大きめサイズのモカブラウンです。


柄のアップ。
ショッキングピンクで刷りました!

原画一部はこちらになります。


車はもちろんVolkswagen beetle classic。
Classic car or Die!

どうぞよろしくお願い致します!


パークウェイ内に食堂がごさいますが大変混み合うことも予想されます。また、飲食店の出店はございませんので(再入場不可)お弁当やお飲み物等をご持参いただきピクニックがてらお楽しみいただくのもよいかと思います。


毎年、テンションあがりすぎて母にお店をまかせて小学生ボーイズたちにまざってカメラ小僧と化してしまうのですが、、今年もなっちゃうと思うんですがもちろんお店もがんばりますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
いつか私の愛車とともにカーブートセールに参加できたらと思っていたのですが
つい先日本気の男泣きの別れをしてきました。そんな思いもありつつの今年、、会場にて素敵な車くんたちに会えるのはとても楽しみ。皆さまにお会いできるのもとても楽しみにしております。

会場にてお待ちいたしております!
よろしくお願いします!

明日、9/5は勝手ながら臨時休業させていただきます。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。
何卒ご容赦願います。
よろしくお願い致します。

なにやらダラダラ続けてしまい大変申し訳ございませんが、後半へ突入してしまいました。



岡田史子作品集
ペイネっぽい画風のものもあったり、いろいろ興味深い方です。こういうのもっと復刊してほしい。


河童の三平/水木しげる
水木先生もどれにしようか迷うところではありますが、もうこれの結末らへんのげい〜〜ん!感と言ったら。いろんな意味で衝撃でした。


ブッチュくん全百科
ふざけたおして、なめたおしてて最高。ほんとよくできてるなあと。
みんな、読んでネ!


鳩山郁子
この時代の鳩山さんもどれも良いのであえてこの二冊というわけではないのです。絵は実は特別好きというわけではないかもしれないのだけど、世界観は本当に好きな作家さん。



風の谷のナウシカ/宮崎駿
映画の方も好きだけれど、ナウシカはぜひ原作もまだなら読んでいただきたいです。映画はほんの一部でしかありません。読むと毎回泣く。



赤色エレジー/林静一
林静一さんの描く世界、好きっす。
しかし、最後の一コマよ…!
漫画も好きだけれど、映画の僕は天使ぢゃないよのカップルも台詞とか可愛くて大好きですね。


大島弓子
大島さんの作品は本当にどれも素晴らしいのでとりあえず一部ランダムに並べただけ…何を読んでもはずれがないです。
漫画は大体なんでも読みますが、あまり少女漫画らしい漫画だと、マンガで傷つきたくないというのがあってちょっと苦手というか避けがち。でも大島さんは最後はいつも大団円なのでその心配もないというか、、ハッピーエンドの女王。



と、自分の好きな本をただただ好きとか大好きという文だけで連ねた極私的なものになってしまい失礼いたしました。
どうして好きか、こうだから面白いという説明一切書いておりません、、
そして、漫画ばっかりですやん!!
漫画もそんなにいろいろなものをたくさん読んでいるわけではなく偏ってますね。でも、大体なんっでも読みます。
新しい作家さんとかちゃんと追えてないので、いろいろおすすめを教えてくださったりしたらとても嬉しいです。
大人になって、ちょっと寂しいのは漫画の貸し借りをあまりしなくなったこと。
もっと学生の時のように気軽に貸し借りしたい…ただ、借りパクで辛い経験もしておりますので絶対返してくれるというのを大前提で!

気軽に漫画や本を読めたりする場やイベントもできたならなと、ちょっぴり思っていたりもします。いつになるかはわかりませんが。
それでは、また皆さんのおすすめも今度ぜひお聞かせくださいませ。


みんな〜宿題やってるか!

お盆も過ぎまして、そろそろちびっ子の皆さんは残りの宿題に焦っている頃でしょうか。
私はこの時期までは全然焦ってなくて30、31日くらいになって、うわあーーーっ!!!ってなっていました。今も昔もその辺りは全然進化していません。

とくに写生や読書感想文あたりは、つい後回しになってしまって今頃皆さんそろそろやばくない?ってなっている頃でしょうか…(私もせめてこの時期に危機感感じてれば今頃もうちょっと違った人生だったかもしれません。)

さて、そんなわけで今回はSutekki的夏休み課題図書のご紹介をしたいと思います。
とくに思い入れのある順番というわけでもなく、ただざっくり並べてみました。
完全に偏りのある好きな本の紹介ですので、よろしければお暇なときにでもお付き合いくださいませ。



ユニコ/手塚治虫
問答無用で大好きな本です。子供の頃、ユニコの劇場版アニメがよくテレビでやっていまして色とかも可愛くて影響受けましたね。原作もユニコが健気でほんといいこなんですよ。精神面でも影響受けている本です。


こいつら100%伝説/岡田あーみん
あーみん先生はどれも面白いんですけどこれのターミーが登場する一巻前半くらいまでが神がかっておもしろい…
元気がでます。よく、りぼんで連載してたなってつくづく思うし、私はとくにりぼん派だったわけではないんですが、当時のりぼんで、あーみんが一番好きだった残念な(少年)少女とは仲良くなれる気がする。実際今でも固い絆で結ばれているのはそういう人たちです…


鉄コン筋クリート/松本大洋
松本大洋、どれを選ぶかって皆さんそれぞれあると思うんですけど、わたしはやっぱりコレですね。



リバーズ・エッジ/岡崎京子
ヘルタースケルターより、断然こっち派です。この漫画について四の五の言うことはあるまい。


多田由美
多田さんはすごく好きな漫画家さんなのでどれを選んでもよいのでとりあえずこれを置いたというかんじです。
帯の江口寿史氏の台詞がすべて表してる気がします。(90年代モロだしってかんじなんですが、、)安直な言い方ですが天才

戯れ/山田勇男
ちょっぴり手に入りにくくなってたりするのかなあ。版元さんにはまだありそうな気もするんだけど。世界感が好き。


ポケットの中の君
twinkle/冬野さほ
もーう、めちゃくちゃ影響受けましたね。今も受けてる。っていう人たくさんいるんではないでしょうかと思っています。

侵略円盤キノコンガ/白川まり奈
ストーリーは…うーん、どうだろ
でもなんかすごいのよねえ。なんなんだろう。白川まり奈先生、他のも読みたいんですが非常に入手困難なイメージ。
QJ選書、うちにも何冊かはあるんですが全部買っておけばよかったなあと思っています。




MINDGAME/ロビン西
まいった。また描いてほしい漫画家さんの一人です。ちなみにこの本は再版されても買いそびれていた鈍臭い私にお友達が大切な本をゆずってくれたもの。宝。


河よりも長くゆるやかに/吉田秋生
櫻の園も完成度はすごいなあって思うんだけど、好みとしてこちらの方を選びたい。いいんですよ、まじで。
先日映画化されたアレとか読んでおられるような若い読書の方にも是非読んでほしいんだけどなあ


デボネア・ドライブ/朝倉世界一
世界一先生もどれを読んでもおもしろいなあと。いやでも、正直、読む前は失礼ながら全然なめておったのです。でも読んだらすごくはまったし、すげえっ!ってなりました。


ウルトラヘヴン/小池桂一
ストーリー的にはどうかなという点もあるんですが、画力がとにかく半端なさすぎる…小池桂一先生素晴らしすぎる。復刊希望本あり!なかなか次巻が出ないのですが、今一番次を待ち望んでいる本です。




狂人関係/上村一夫
上村さんなら、これが一番好き。って言えるほどまだ全て読んだわけではありませんが、でも本当に素晴らしい作品です。これをはじめに読ませてくれた友人には今でもとても感謝しております。
お栄ちゃん派か、お七ちゃん派かというと断然お栄ちゃん派です。


とくに感想とか書いているわけでなく好きということしか触れていない文で申し訳ありません。最初は写真だけでいいかなと思ったくらいでして、、
そのわりに無駄に長くなってしまったので、前編後編にわけようと今、思いました。
よろしければ、、後半へ続きます。